"フォークロック・エクスプレス"フラゲ日!



ついに今日は3/8発売の菊池ともかの1stアルバム、
"フォークロック・エクスプレス"の入荷日♪

試聴動画もYouTubeにアップしていただいておりますが
ディスクユニオンの対象店舗にてご購入いただくと、

①3/12、13時~の新宿duesイベント参加券
②「未だ知らず」「彼はパガニーニ」アコースティックver.デモ音源CDR

が特典として付いてきますのでぜひ!イベントにも遊びにきてくださいね
------------------------------------------------------------------------
また、今回のアルバムはブックレットの中にライナーノーツをそれぞれ
書かせていただいたり、一部、歌詞が手書きになっていたりと
色々好きな感じにしていただいたので、ぜひブックレットも見ていただきたいです。

公式(?)なライナーノーツはそちらをご覧いただくとして、
ここで非公式ライナーノーツというか、製作後記も含め、改めて曲のご紹介をしたいと思います。

①朝待つ人に捧ぐ歌
  本格的にソロ活動(Folk Rock Express)をするにあたって、曲をまずは書く必要があり、
  今までバンドでもギター弾いてばかりで、個人的にも数えるほどしか歌ったり
  作曲作詞をしてこなかった私は、「とにかく三声や追っかけコーラスのある曲を書きたいな」
  と思いこの曲を作りました。
  半音ずつ下がっていくアコギリフは気に入っていて、実は「おやすみなさい」にも登場します。
  こうすることで、夜明け(M-1)→日没(M-10)へ、アルバムとして一体感が出せるかなと思いました。

②S.G.トラベル
  林暢子さんのドラミングが良いスパイスとなり、とっても軽快な曲に仕上がりました。
  曲のタイトルからするとエレキはSGかなと思うかもしれませんが、実はストラトキャスター(笑)。
  今回はお借りしたストラトでしたが、実は私も10代で一番最初に買ったギターはストラトだったので
  ちょっと懐かしい感じもしましたね。でも、アコギも主張するよう、エレキ以上に刻んでます。
  ちなみに、「S.G.は何の略?」と聞かれることが多いですが、皆さんのご想像にお任せします。

③恋わずらい
  この曲はエレキは入っておらずアコギだけで録っています。
  実はアコースティック編成のライブでしか演奏してこなかった曲なのですが、
  最初に作ったデモにはバンド編成を意識してベースもドラムも入れていました。
  なので、今回はそれを初めてお披露目♪ベースもドラムも加わって、
  ちょっと新鮮かもしれません。

④彼はパガニーニ
  今回のアルバムのリードトラックは「春風はDADGAD」だと思っているのですが
  実はメンバーから一番人気のあった曲はこれです!
  ジャケ写を撮ってくださったマルベル堂の武田店長もこの曲はおすすめとtwitterで
  言ってくださいました。
  ギターソロ部分では、太田忠志さんに「イカヅチ」のように叩いてください、とお願いしたら
  応えてくださいました(笑)。

⑤未だ知らず
  リフやソロをアコギで弾くかエレキで弾くかちょっと迷いました。
  なんとなくレコーディングスタジオDIGでアルフィーの「冬将軍」とか
  S&Gの「A Hazy Shade Of Winter」とかを聴いているうちに、
  「やっぱりこの曲のリフはアコギだ」という
  気持ちに(笑)。 ソロは両方弾いてみて、ダブルとかも試して、エレキを採用!

⑥ネクタル・ブルース
  これは「恋わずらい」とは逆で、エレキしか使っていません。
  ベース、ドラム、そして途中から高田慎平くんのボンゴが加わり良い味を出している
  シンプルな構成。
  ワウペダルのソロを久々に弾いたので、ブルヴァレに在籍していた頃の私の演奏をご存じの方なら
  ちょっとその時のプレイがよぎるかもしれませんね。
  奨平さんのメロディアスなベースラインは聴き応えがあると思います!

⑦わたしのペガサス
  「ベッドの上でつまびく合図」だとか「古いギターがあなたを呼ぶの」といった歌詞ですが、
 ギターを始めたばかりのころは、本当に音楽仲間もおらずに1人でベッドの上で
 ギターを弾いていたのでまさかこんなアルバム出せるなんて思わなかったな。
 ギターソロで使用させて頂いたのは、②と同じストラトキャスター。
 実際に70年代前半生まれの、私より年上のギターです。

⑧春風はDADGAD
  変則チューニングの曲を作ってみたいけれど、頭の中で考えても何も浮かばない私。
  でも実際に合わせてみたら何か生まれるかもと、試してみたのがDADGADでした。
  しばらく弾いているうちに、なんとも土くさい響きが楽しくなってきて、鼻歌が出てきました。
  鼻歌は幾重にも重なり、春風になりました。

⑨ジュディによろしく
  "フォークロック・エクスプレス"というプロジェクト名はサミー前田さんと
  色々お話しながら決まったのですが
  プロジェクト名にフォークロックと入っていようとも、バラエティに富んだ楽曲で良いと思うとの言葉で
  自由な気持ちで私なりの「変わらないブルー」を追いかけることができました。
  久保田吉輝さんの鍵盤の裏メロ、そしてコーラスが大変華やかにサビを色付けてくれています。

⑩おやすみなさい
  ゲストギタリストに、ヤングパリジャンのケイジ・ロンソンさんを迎えたラストの曲。
  ギターソロだけで3本重ねてハモる序章部分にはじまり、本編でも素敵なフレーズを沢山弾いて
  いただけました!最後の渾身のソロもカッコいいです。
  裏メロやソロを考えるのは私も大好きですが、ケイジさん曰く「落ちていたフレーズを拾っただけ(笑)」
  とのこと。やはり憧れのギターヒーローには敵わないなぁ、と思いました。
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09 11
プロフィール

菊池ともか

Author:菊池ともか
Twitter:tomoka_slvjet
夢見がちギタリスト&歌うたい。
1988年2月3日生まれ。AB型。
東京都出身。
10代半ばからギターに夢中で
様々なバンドにギタリストとして参加。
現在はソロプロジェクト
"Folk Rock Express"進行中。
愛用ギターは銀ラメのグレッチ・シルバージェット!
アコギはマーチンの000-15M☆

最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム