"ひょっとすると"な存在

IMG_5566.jpg

移動中、ちょこっと空いた隙間に原宿で開催中の"魔女の秘密展"を見てきました!
週末、お昼どきのラフォーレで混んでましたが。。。

小さい頃から魔女ってなんとなく惹かれるものがあって。
"奥さまは魔女"とか、魔女っこアニメとか、どちらかというとチャーミングでポジティブな
イメージがあるんだけど、この展覧会はそういう部分だけでなく、
"魔女"という存在が人々や社会にどのように受容され、また拒絶されてきたかという
歴史的な側面もちゃんと追える内容でした

現代の漫画家の方々が魔女をテーマに描き下ろしたカラフルで素敵な作品が並ぶ一方、
目を覆いたくなるような魔女狩りの生々しい史料も沢山あってね……
おんなじ”魔女はひょっとすると本当にいるかもしれない”っていう気持ちが起点になってるはずなのに、
その物凄いギャップに、人間の想像力の陰性・陽性の両極を見ているようで
色々考えちゃいました……

当時の科学では説明のつかない出来事に対する人々の恐怖心から生まれた魔女だけど、
科学の発達によって消滅するのではなく、夢のある存在に転身していったのも、興味深いところ。

これだけ色々なことが目に見えるようになって、
目に見えないことを心から信じることの方が却って難しくなってきたような気もするけど、
そんな流れの中でこそ、"魔女"はもっと愛されるようになっていくかもしれないなと思いました。
これだけ映画や音楽やゲームとか、近年のハロウィンパーティーに至るまで、
世界共通で根強く姿を現し続けるモチーフも珍しいもんね……!

IMG_5565.jpg

そして、音声ガイドは今回ファミリー向けの白猫ver.と、ちょっと過激な黒猫ver.があるとのことで、
黒猫ver.を聴いてみました。
(魔女の帽子付きかどうかも選べましたが、さすがに付けなかったよ笑!)
2種類から選べるパターンって、初めてだった!ナレーションは佐々木蔵之介さん。

解説の内容だけでなく、解説の対象(展示物)も白猫と黒猫で違ったから、
音声ガイドマニア(笑)の私としては、もう少し時間があったら2個分お金払ってでも両方聴きたかったな~。

日本に当てはめると何に相当するだとか、そういった風俗・民俗学に近い豆知識から、
現代においても通じる言葉(呪文?)まで教えてくれる内容でした。

最近は本当に音声ガイドが多種多様で楽しいんだよね~。
淡々と解説するタイプ、歴史上の人物になりきって話してくれる演技派タイプ、
手元のモニターに何かCGが表示されたり、今回みたく選べたり……奥が深いです♪
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09 11
プロフィール

菊池ともか

Author:菊池ともか
Twitter:tomoka_slvjet
夢見がちギタリスト&歌うたい。
1988年2月3日生まれ。AB型。
東京都出身。
10代半ばからギターに夢中で
様々なバンドにギタリストとして参加。
現在はソロプロジェクト
"Folk Rock Express"進行中。
愛用ギターは銀ラメのグレッチ・シルバージェット!
アコギはマーチンの000-15M☆

最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム