愛が聴こえる

トーマの心臓 1~最新巻(フラワーコミックススペシャル) [マーケットプレイス コミックセット]トーマの心臓 1~最新巻(フラワーコミックススペシャル) [マーケットプレイス コミックセット]

萩尾 望都

商品詳細を見る

4月は出逢いと別れの季節ですね。
春というと明るく嬉しい気分になる反面、どこか「憂い」がつきまとうのは、
吹いてくる風に別れの匂いが混じっている気がするせいなのか、桜という花がどこか
死を連想させるからならなのか(梶井基次郎だっけ?)。

そんな匂いに誘われて、美少年の自殺から始まる物語を読んでしまいました。
萩尾望都の『トーマの心臓』という漫画です。

萩尾望都さんは有名な漫画家なのでお名前は知っていたのですが、
しっかり作品を読んだことはなく……
今回全3巻を一晩で一気読みしてしまいました。

色んな意味で「憂い」が漂っていて、
軽いノリではちょっと読めなかったな……(^ω^;)
しかし、描かれていた「憂い」の美しさ、きめ細やかさは
物語そのものも、登場人物の容姿や表情ひとつ取っても、目を見張るものがありました。

感想を自分なりに書いたので、ネタバレしてるので、
興味のある方は下のボタンからどうぞ。
そもそも人間はどうしていつも、何かを失いながら生きるのだろう。
そして、失うということは、なぜ途方もなく悲しいのだろう。

喪失とは、何かが誰かの身の周りから消滅することだけを意味するのではない。
「失う」という言葉には、それが失う前にはどれだけ価値あるものだったかを
後から恋う持ち主の暗い憂鬱や情念が含まれている。

しかし一方で喪失とは、何かを得ることでもある。
成長するために子供の姿を失い、
欲しいものを手に入れるために、より多くの財産を失い、
その財産を得るために、時間を知らぬ間に失っていくのが人間である。

『トーマの心臓』とは、果たして喪失の物語なのか?

過去に暴力で傷を負ったことがトラウマとなり、翼を失ったと、誰も愛してはいない、
愛することはできないと自分に言い聞かせ続けてきたユーリと、
そんなユーリに本気で恋焦がれ、自ら命を投げ出してまで彼の愛を得ようとしたトーマ。

そしてトーマの死について悩むユーリの前に現れた、トーマそっくりの美少年エーリク。
始めはエーリクをも拒絶するユーリだったが、翼がないなら僕のをあげると告げられたことで、
無償の愛に触れ、過去を克服して学校の宿舎に別れを告げて神学校へと旅立っていくのである。

自己の喪失。信心の喪失。好意を寄せていた者の命の喪失。

度重なる喪失で固く心を閉ざし愛を封じ、憂いに暮れるユーリに見えるが、
トーマが命と引換えに差し出した愛にエーリクの想いを通して気付くことで、
実は自分に課した罪に対して赦しを得ており、目覚め、より強い自己と深い信心を取り戻していく。
仲間や宿舎との別れが、神学という新たな愛への旅立ちであることを示唆している点を考えても、
結果的には強烈な獲得の物語であるように感じた。

トーマが遺書に書いた「これがぼくの心臓の音」という言葉も、
死す者が残すにしては奇妙だという印象を最初は受けた。
それは本来、死とは真逆の概念の中にあるように思ったから。

だが、ページをめくるごとに感じられるのは、トーマの途絶えることのない気配である。
容貌が似ているエーリクを通して、生徒たちの間で交わされる言葉を通して、
そして何よりユーリの思念の中に、トーマは輝かしく、ときに儚く描かれ続ける。
トーマ自身も、ユーリの中に生を、再生の光を得たのかもしれない。

心臓とは生に不可欠なものでありながら、日頃その音を意識することはない。
それでも止まることなく鳴り続けていたその愛の音を、
ユーリは物語の終盤でようやくはっきりと聴くことになる。
マークは、心臓が起源とする説があることを考えても、
トーマの「心臓の音」は、「(永遠に忘れられることがないから)ぼくには二度めの死はないのだ」
という言葉と重なって、読者にも寄り添ってくるどこまでも純粋な愛のメッセージなのである。

好き、や愛、といっても、この物語は男子校の寮が舞台なので、
どこか友情の匂いや青くささの残る甘さが漂っているのが良かった。
同性同士の憧れに近い感情だからこそ、何も見返りを求めていない
純粋さや憂いが際立って見える。

冬の最後の日――トーマの自殺から始まる春の物語は、
人間が必ず味わう喪失の苦さで深い憂いを帯びつつも、実直な愛の底知れない強さを教えてくれた。
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09 11
プロフィール

菊池ともか

Author:菊池ともか
Twitter:tomoka_slvjet
夢見がちギタリスト&歌うたい。
1988年2月3日生まれ。AB型。
東京都出身。
10代半ばからギターに夢中で
様々なバンドにギタリストとして参加。
現在はソロプロジェクト
"Folk Rock Express"進行中。
愛用ギターは銀ラメのグレッチ・シルバージェット!
アコギはマーチンの000-15M☆

最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム