スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トミーさんのレコードと今夜

tommy1.jpg

もう明日から4月かー、早いなぁ。。。
4/18には野佐怜奈とブルーヴァレンタインズにて3枚目の7インチレコード
『ロマンティック今夜/あいのロストアンドファウンド』が発売、
4/22にはザッツアノーノー!の2枚目のアルバム『Carrot or Stick ?』が発売なのですが!
どっちも頑張って弾いたので聴いてね(^ω^)

ブルヴァレの方は、今回レコードストアデイに関連した発売ということもあり、
CDなどを付けずに、レコードのみでの販売になると聞いています。
レコードストアデイは、ブルーヴァレンタンズ以外も沢山のアーティストがレコードを
リリースすると思いますので、この機会に、レコードプレイヤーを買うのもいいですよね。
運命の1枚に出逢えるかもしれないし。

というわけで。運命で思い出した、レコードといえば、なエピソードを1つ。
私はガロが元々好きなわけですが、最近日高富明さんのソロアルバム
『シークレット・ゾーン』のレコードに勝手にディスティニー(笑※)を感じました
※ブルヴァレのアルバム曲でそういうタイトルの曲があるんですよ♪

このアルバム(大きい方ね)をレコードで入手したのは、実は去年の11月。
ブルヴァレの7インチ、『スペースカメラ/ロックンロールドライブ』をリリースした際、
インストアイベントを行った日に、HMV渋谷店でのことでした。
「ともかちゃん、そこにこんなの置いてあったよ」と声をかけられて棚を見ると、
ジャケットのトミーさんと目が合い……笑。
そんなに手持ちはなかったけれど、どうしてもその日に買わなければ、もう再会できないような気がして
インストアイベントでライブ演奏後、そのままレジへ笑。

その後、よく自宅で繰り返し愛聴していたのですが、後日、とあることが判明しまして。
なんと、この『シークレット・ゾーン』でエンジニアをされている石崎信郎さんは、
偶然、ブルーヴァレンタインズの『スペースカメラ/ロックンロールドライブ』でもエンジニアを
担当してくださった方だったのです!!!

RECした時はまったくそのようなことは知らず。。。『シークレット・ゾーン』のクレジットを見て
だいぶ後から気付いたという。。。(しかも気付いた日は、奇遇にもCSNのライブに行った先日の夜!)
あのギターの音、トミーさんの歌声、同じ石崎さんが録音されたんだなあ、と
思うと、嬉しかったのはもちろんですが、とっても不思議な気持ちになりました。
まさに『スペースカメラ/ロックンロールドライブ』のインストアイベントの日に
手に入ったレコードだったっていうこともあるし。ちょっと時間を超えたロマンがあるな、と☆

独りよがりなロマンといえばそうなのかもしれないけれど、
この出来事で、このレコードはますます思い入れのある1枚になったし、
部屋の空気がこのアルバムから聴こえてくるギターや歌声で震えるたびに色んなことを想います。

でも、レコード屋さんの空気だったりとか、長い時間をかけて自分もの元に辿りついてきたレコードって
誰にとっても、その人だけの物語があり得るんじゃないかなあ。
本とかもそうだよね。古本屋でピンときたり、よく巷で「本の方がその人を選ぶ」っていうよね。

これを書いている今も、あいかわらず聴いています。
そんなわけで、ブルヴァレの今度の7インチも、ただ単に「商品」としてというだけでなく、
いつか、誰かの人生の物語に登場できる1枚になるといいなあ、なんて笑。
A面のタイトルからして、『ロマンティック今夜』なので!

★本日の素敵
 日高富明 「雨の街に消えた瞳」
――アルバムの中で1番好きかも。暗いんだけど歌声にパッションを感じる曲。
  ギターサウンドという意味では、「ビッグ・アップルを射とめろ」がカッコいい!
  ギターフレーズも音もゴキゲンで好き。
  トミーさんだけなぜだか心の中で「トミーさま」と呼びたくなってしまうのは、「ガロLIVE」を
  何度も聴きすぎたせいだと思う。
  (女の子の声援で、「トミーさま頑張って!」って曲間に入ってるから笑)
スポンサーサイト

3月の予定

先月はリリイベなど、いっぱいライブをやらせていただきましたが、
2月下旬~3月の頭にかけては、私自身も沢山ライブを見に足を運びました。
サンポーニャ奏者の瀬木さんのライブ(インスト本当に素敵だった)や、
クロスビー、スティルス&ナッシュも東京の初日だけだけど見に行ったし、
坂崎さんの出演されたDearBEATLESにも遊びに行かせて頂き楽しい日々でした☆
その合間にもスタジオやレコーディングや……とかなり音楽漬けだった気が。
凄いインプット月間です(笑)。

CSNはクロスビー側でしたが、3人がはっきり目の前に現れて「わー!」って圧倒されましたね。
Helplessly Hopingとか、コーラスも含めて生で聴けて良かった。
本当、ライブって見るのもやるのも大好き。
ライブでないとわからないことや体験できないことっていっぱいあるし!
ライブで聴いて印象に残った曲って、不思議に何年経っても忘れないで好きなままです

そんなわけで、得たものを昇華できれば良いのですが……3月のライブは合計7本です♪
お時間ある方、ぜひ遊びに来てくださいね。
---------------------------------------------------------------------------
3月のライブ出演予定
・11日(水) 野佐怜奈とブルーヴァレンタインズ 
■渋谷MilkyWay ※20:00から出演

・15日(日) ザッツアノーノー!/the clovers(サポート)  
■渋谷clubasia ※15:30から(ザッツアノーノー!)/17:10から(the clovers)
※2つのバンドに出演します。

・19日(木) モニパラ(サポート)            
■下北沢ClubQue  ※21:00頃から出演

・25日(水) 野佐怜奈とブルーヴァレンタインズ
■新宿LOFT ※20:45頃から出演。

・28日(土)ザッツアノーノー!
■東高円寺UFOクラブ ※19:45~

・29日(日)野佐怜奈トブルーヴァレンタインズ
■東高円寺UFOクラブ ※19:25~
---------------------------------------------------------------------------
★本日の素敵
  ザ・ジャネット 「くちびるの讃美歌」
――こういう曲、ロマンティックで好きだなー。
  歌詞はちょっと切ないけど、最近この曲にとても癒されています。
  ギターの音もいいし、歌い方も優しいし。
  2番の「いつもお前は星を見るのが好き」のくだりで胸がキュンとするんだけど笑。

  あまり関係ないけど、讃美歌といえば、小学校のとき、聖歌隊で歌ってたなー。
  ずっとキリスト教系の学校だったから、礼拝堂みたいな建造物とかオルガンとか、今でも好きです。

日本国憲法という音楽

rashoumon.jpg
先月、故・ペペ吉弘さんが結成されたバンド、羅生門の「日本国憲法《平和・自由・愛》」という
アルバムを手元に頂きました

独特なジャケットの世界観と、現行の「日本国憲法」コンセプトにしているという点で
CDをかける前から私の興味を強く引いたけれど、その昔、GSのバンドでハプニングス・フォーの
前座をさせて頂いたことなども思い出しながら、実際聴いてみたらすごく良い作品だったので、
個人的な感想を書いておきます♪
(……ペペさん、少しお話しさせて頂いたけど腰が低くて優しい方だったことを思い出します)。

---------------------------------------------------------------------------------------
――アルバム「日本国憲法」(羅生門)を聴いて思うこと

最初にそのタイトルを耳にした時は、「えっ!?」と正直、思った。
改憲か?護憲か?という議論が現在世の中でさかんに行われていることもあってか、
「この憲法を○○すべき」という主張が含まれていたらどうしようかと戸惑ったのである。

ところが、恐る恐る聴いてみるとこのアルバムはそうではなく、現行の(71年当時の、でもある)
日本国憲法の文章を、ただひたすら、ありのままに歌っていた。
暗いわけでもなく、過激なわけでも、主観的な思想・主張を織り交ぜることもなく、
むしろ淡々と、飄々と、大変明るく。ポップで爽やかなメロディーに乗せて。
ポール湯川さんの聴き心地の良い素晴らしい歌声。
春風に吹かれているように、あまりにも柔らかく新鮮で、そして朗らかで単純に気持ちがいい。

そして驚かされるのは、これらの音や歌によって活かされ、引き出されている言葉本来の躍動である。
思えば、小学生のとき社会の授業で清書したりテストされた「憲法」は、
固い石の壁のごとく歯が立たない感じだった。
「権利」「自由」や「義務」も、文字のまま本に張り付いて、実感できない遠い国の言葉のようだった。

それが今にも口ずさめそうなキャッチ―な旋律やリズムという魔法にかかると、
今までの固さは何だったのかというほど生気づいて、ある種の人懐っこさまで感じさせるほど心に響く不思議。
「自由」という言葉ひとつとっても、この作品の上では変幻自在に迫ってくる。
眉間にシワを寄せながら読んでいたはずの文章が、解き放たれて意味を持ち始める。
意味がわかるから、改めてこの国の憲法についてフラットな気持ちで考えることができる。

率直に言って、小学生以来、ちゃんと読み返すこともなく大人になってしまっていたが、
憲法って、「こんなにも色々なことが込められているのか」という発見もあった。
よく話題にのぼる第9条だけでなく、他に抜粋された項目についても等しく歌われているので、
同じように大事なんだということが伝わってくる。

変えるか、変えないか以前に、国民全員に関わる大事なものを内包したこの憲法が、
この国に当時あった、そしてこの時代に、いま「ある」という確固たる事実。
「ある」ということを確かに意識することで、初めて「ない」場合の可能性、または不安について
考えられることもあるのではないか?

帯の解説文にも「力」という言葉が記されていたが、この「ある」という実感こそ
憲法に限らず、音楽の持っている根本的で前向きなエネルギーなのかな、という気がする。
そういう意味で、とても力作だと感じた。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
02 04
プロフィール

菊池ともか

Author:菊池ともか
Twitter:tomoka_slvjet
夢見がちギタリスト&歌うたい。
1988年2月3日生まれ。AB型。
東京都出身。
10代半ばからギターに夢中で
様々なバンドにギタリストとして参加。
現在はソロプロジェクト
"Folk Rock Express"進行中。
愛用ギターは銀ラメのグレッチ・シルバージェット!
アコギはマーチンの000-15M☆

最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。