その白が欲しい

dress.jpg

昨日は新宿のスモーキンブギでライブして来ました。
お世話になった皆さんありがとうございます

画像は、この間買ったリアル70年代製の古着のワンピース。
40年以上の時を越え、私の服となりました。

古いのに、真っ白なのに、シミも、黄ばみも一つもありません。純白そのものです。
柄の部分の色合いとかも、グラデーションになってて可愛いんですよ。
どことなく、ジブリを連想させる色彩でね。
本来、衣装として着ようかなーなんて
軽いノリで買ったものですが、実際着てみたら……
服は良いのに、私の雰囲気がそうさせるのか、どう考えてもコスプレになったので
しばらくの間はクローゼットの中です(笑)。

正に、「村娘の花嫁衣装」みたいになっちゃって。
この純白さが似合うようになるには、私には相当鍛錬が必要とみた。
でも手放す気は全然なく、いつかは、どこかで着るつもり!

★本日の素敵
 倉橋ヨエコ「梅雨色小唄」
――この唄の歌詞に、いつも物凄く切なくなる。
  「悪くないんだよ」って、言ってもらえたら確かに嬉しいよね。

灼熱

ice.jpg

人一倍暑さに弱い私に、差し入れ頂きました。
これ懐かしいな、子供の時よく食べていた気がする。

大嫌いな夏がもうすぐ来てしまう……と思っていたら、
まだ6月なのにも関わらず完全に夏の陽気なんですが……!

あと3か月近くこんな感じが続くのか。憂鬱以外の何物でもない。
ことごとく夏の似合わない不健康な女です。

ところで……!明日はライブですよ
今日も朝6時まで頑張って皆で練習してました。
ひたすらCSN&Y的なコーラスの精度をお楽しみ頂ければと思います。

そして……また三島由紀夫の映画のレビュー書きます。
今度は『お嬢さん』です。
ネタバレするため、また隠しておきます。
実際どれくらいの方が見ているのかわからないけど、興味ある方は
下の赤いボタン(Continue Reading)をクリックして読んでください。

最近は行く先々で「いつもブログ見てます!」と多くの人に言われるようになって嬉しいです。
メッセージ下さる方々も、ありがとうございます。
引かれるくらい内容の濃いブログを目指して頑張ります

ではでは続きは↓↓

Continue Reading

ライブ

いつも突然で申し訳ないのですが、ライブのお知らせします。

6月19日(日)※本日

新中野ロイズクラブにて
『OLD FASHION LOVE SONG LIFE』という
イベントに出演させて頂きます。
出演時間は18時40分くらいからになります☆

6月26日(日)

『煙草路地 番外編』@スモーキンブギ(新宿二丁目)
 入場料1500円+1drink(再入場可)

※開場は15時から、18時20分からの出演になります。

共演:The Noble Surfers/Taka Rock&O.M.H/ジ・アポロンズ/The Phantasms/
   SUNSETT/はいからさん/The legs/でいとりっぱー/あなあくやまい

大曲から小曲まで、バラエティに富んだ感じで臨みます(笑)。
ビートルズのカバーも相変わらずやりますので、来てね!!

鳴らせ音楽

lovely.jpg
中野ブロードウェイの中古CD屋で、ガロの『サーカス』見つけた!
70年代のアルバムで、オークションだと高いし、LPも多いし
執拗に店に通い続けた結果、ついに2年以上かけて棚に現れた!

やっぱりあそこは何かミラクルな店だと思います。これでもう何回目だ。
諦めないでしぶとく念じ続けたら、レアでも欲しい物がいきなり手に入る。しかも安く。
レジに持っていく手が、若干武者ぶるいしました(笑)。
誰か、手離してくれた顔も知らぬ人よ、ありがとう、大事にします。

で、『サーカス』といえばということで、一緒に写ってるのは、
私が昔やってたGSバンド「ルーピーサーカス」時代の手作りギターストラップ(笑)。
ほんと、一から作ってた当時。ピンセットと接着剤で。これでステージに出てたからさ。

「そんなストラップを付けてギター弾くのは、
 この世でともかちゃんか高見沢俊彦くらいだよ」とライブハウスで何人かの方に呆れられ、
私は密かに嬉しかった思い出が(笑)。

話が脱線しかけたけど、
肝心の『サーカス』は、タイトル通りサーカスをテーマにしたコンセプトアルバム。
ロックナンバーにすらあんまり泥臭さは感じないし、
ポップで、シャレてて、夢の中みたいな甘い雰囲気だから好き嫌いは別れると思う。
サーカスをめぐる物語が、悲哀や悦びも含め、絶妙なコーラスワークで
次々に美しく綴られていく感じ。ハジけるエレキ、効果音に溢れるアレンジ。

でも私は好き。大好きこういうコンセプチュアルな感じ(笑)。
マークさんの声が、ところどころ坂崎さんの声にすごい似てる!
他のガロのアルバムより、さらにそれを感じた。
本当に、アルフィーの兄貴分的存在なんだなあ、と痛感する。
コーラスワークとか曲のアレンジは言わずもがな、なんだけど、
立ち位置も、声質も、ルックスや雰囲気もどこかそれぞれ似ているという不思議。

しばらく、ループ再生決定です。全部いい。B面も捨て曲が一曲もない。
特にお気に入りは『酒びたり人生』……での
大野さんの飛び抜けてシャレた感じの歌い方!凄くかっこいい。
自分で言うのもどうかと思うけど、心底のめりこむなあ、私も。

★本日の素敵
 ガロ『この世はサーカス』
――A面のラストに入っている曲。歌詞が深い。

  「サーカスにこの世は似ている 花やかな蔭には涙が
   ゆらゆらと綱渡り 生きているそれは姿

   サーカスはこの世のひな形 美しいそばには危険が
   明日また旅をする 生きているそれは姿」
(作詞/山上路夫)

   危なっかしくも、私の旅も続きます。

至誠

bunke.jpg

この間、THAT'S A NO NO!のレコーディングして来ました。現在もまだ途中です。
(主に私のギターのせいで)時間がかかったものの、
とても楽しかったです!
夜更けに皆で音出したりするのって、純粋に楽しいよね。
しかし、自らの表情と気持ちが一致してないらしい私は案の定、深刻に青ざめていたようで
「力を抜いて」とご指摘を受けました(笑)。
……で、「わーどうしよう、力を抜かなきゃ!」とまた力が入る……つまりアホですw

そんな感じでブログも散漫になりがちでしたが――
先日このブログでも書いた三島由紀夫の映画祭、
結局私は『憂国』、『お嬢さん』、『人斬り』の三本を見ました!
本気で全部、見て良かったと思える作品だった

というわけで、かなり気まぐれに感想を書こうと思います。
まずは『憂国』から。
もうあんまり公開されないと思うのですが、
一応ネタバレを配慮して隠しときます。

興味があるという、相当に物好きな方のみボタンを押して続きを読んでください。
ネタバレしまくります。

Continue Reading

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
05 07
プロフィール

菊池ともか

Author:菊池ともか
Twitter:tomoka_slvjet
夢見がちギタリスト&歌うたい。
1988年2月3日生まれ。AB型。
東京都出身。
10代半ばからギターに夢中で
様々なバンドにギタリストとして参加。
現在はソロプロジェクト
"Folk Rock Express"進行中。
愛用ギターは銀ラメのグレッチ・シルバージェット!
アコギはマーチンの000-15M☆

最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム